茶渋との違いは?水筒のコーヒーの汚れをキレイにする方法!

最近はマイボトルで職場にコーヒーを持っていく人が増えましたね。

でも、毎日水筒にコーヒーを淹れていくと、

やっぱり汚れが気になってきます。

今回は、魔法瓶などでコーヒーを持っていく人のために、

水筒のコーヒー汚れをキレイにする方法や、

洗いやすくて使い勝手もいいマイボトルを紹介していきますね。

水筒のコーヒー渋を簡単にキレイにする方法と注意点

水筒にこびりついてしまった頑固なコーヒー渋

でも、茶渋を落とす時と同じような方法で、

水筒をキレイにすることができるので、

方法と注意点をまとめました!

  • メラミンスポンジを使う

100円ショップなどでも購入できるメラミンスポンジを使うと、

頑固なコーヒー汚れも簡単に落とせますよ!

飲み口やゴムパッキン部分などもキレイになるし、

洗剤や漂白剤を使わなくていいのでとっても安心!

しかもメラミンスポンジは色々な掃除にも使えるので、

家に常備しておくのが個人的にはおすすめです。

  • 重曹を使って渋みを落とす

水筒に熱湯を注ぎ、その中に重曹を小さじ1杯ほど入れ、

蓋をしてよく振ってください。

1時間ほどそのまま放置してつけ置きしましょう!

その後よくすすげばコーヒー渋やニオイもキレイに落とせますよ!

重曹は他の洗剤に比べて安全に使えるのでかなりおすすめですよ。

  • 金属タワシや研磨剤は使わない!

水筒に金属のタワシや研磨剤を使ってしまうと、

傷がついてそこに汚れが入り込んでしまいます

不衛生だし水筒の劣化にもつながるので、

水筒を傷つけてしまうものは使わないようにしましょう。

  • 塩素系漂白剤は使わない

塩素系漂白剤は水筒のメッキを剥がしてしまい

保冷や保温効果を下げてしまうので使わないようにしましょう。

実は以前、筆者は水筒に塩素系漂白剤を使うのはNG、

というのを知らなくて、普通に茶渋を取るのに使ってしまいました…。

強い薬剤なので、使わないようにしたいですね。

  • 熱湯で煮沸したり食器洗い乾燥機を使うのはNG

魔法瓶はものによって、外側に熱を加えると、

表面の塗装が剥がれてしまいます

そのため、煮沸消毒をしたり、

食器洗い乾燥機などは使わないようにしましょう。

お手入れ簡単♪魔法瓶水筒でコーヒー用におすすめ3選

続いては、お手入れも簡単で保温性もバッチリな、

コーヒー用水筒を厳選して紹介します。

  • シービージャパン コーヒー ボトル QAHWA

保温性保冷性は抜群だし、テフロン加工されているため、

汚れが付きにくくなっています。

筆者もこちらを愛用していますが、今の所内部の汚れは一切気になりません。

飲み口も広いので、コーヒーを入れるのも簡単だし、

洗いやすくてとっても安心です。

またこの広い飲み口は、コーヒーの香りを楽しむのにも最適なんですよ。

  • Zyurong コーヒーカップ ステンレス製 真空断熱 二重構造カップ

二重構造になっているため、

抜群の保冷・保温性を持っていて機能的だし、

タンブラータイプの口の広いデザインなので、

中までしっかり洗えて衛生的に使えます。

そして取っ手があるのも持ち運びに便利ですね!

  • Klean Kanteen ワイドインスレート ボトルカフェキャップ2.0

保温効果が高いだけでなく、

デザイン性にも優れています。

スライド式のキャップを開ければ、

簡単な動作ですぐに温かいのコーヒーが飲めるので、

デスクワークのお供にちょうど良いですよ。

※ただし、スライド式キャップの為、完全に漏れない構造ではありませんので

持ち運ぶ際には倒さないよう注意が必要です。

まとめ

水筒のコーヒー汚れは、

メラミンスポンジや重曹を使うのがおすすめです。

金属タワシや塩素系漂白剤を使ってしまうと、

水筒の性能が落ちたり、塗装が剥げてしまうので注意しましょう。

ちなみに、職場に持っていくなど持ち運びをする水筒なら、

なるべく軽量化されたものの方が持ち歩きが楽ですよ!