1歳児の遊びの特徴は?保育するために気をつけるポイント!

寝て泣いて食べての繰り返しだった赤ちゃんから

どんどん活発になって出来ることが多くなってくる1歳児!

1歳児にはいったいどんな遊びをさせるのが良いんでしょうか?

おもちゃもどんなものを用意すればいいか迷いますね。

そこで当記事では、1歳児の遊びには

どんな特徴があるのかについてや、

おすすめのおもちゃについて紹介したいとおもいます!

1歳児の遊び方で選ぼう!人気のおもちゃはこれ!

1歳になると子供って、

好奇心旺盛でとっても活発になるだけでなく、

どんどん手先も器用になってくるんです。

また、0歳に引き続きまだまだ

なんでも口に入れたがるし、

紙などはどんどん細かく破れるようになっていくし、

動くものや音が鳴るものはやっぱり興味津々ですよ!

そのため、1歳児には手先の力加減の感覚を養う

ボールを投げる遊びをさせたり、

バランス感覚を鍛える積み木を積ませるのがいいですね!

あんよがまだだったり、あんよを始めたばかりであれば

掴まって押して動かすとカタカタと音が鳴る手押し車など、

掴ませるものを与えると良い練習になります。

では、1歳のお子さんにおすすめする

知育にも役立つおもちゃを3つほど紹介します!

【ボーネルンド 積み木】

やはり、子供が好きなおもちゃの定番は積み木です!

特に色が付いてカラフルな積み木は

お子さんの目を引きますし、

色のお勉強にも最適ですね!

小さいお子さんがケガをしづらいように、

積み木はすべて丁寧に面取りしてあるのでとっても安心。

木のぬくもりに触れながら、

お子さんの好奇心を満たしてくれますよ!

【木琴 おさかな シロフォン】

こちらは音のなるおもちゃの定番、木琴です!

1歳の子は音のなるおもちゃが大好きですからね。

とくにシロフォンはおさかなの見た目が可愛いし、

オーダーすれば名入れも出来るので、

誕生日などのお祝いに贈ると喜んで貰えそうですね。

【プラステン】

こちらは児童館などで見かけたことがある人も

いるかもしれませんがいかがでしょうか?

リングを積み重ねたり、

リングをポールに刺して遊べる、

知育用のおもちゃなんです。

遊び方は無限大なので、

お子さんの想像力だったり

好奇心だったりもどんどん刺激されるでしょう。

1歳児が喜ぶおもちゃを簡単手作り!作成方法を紹介

おもちゃは既製品のものでも良いですが、

1歳から子供はとにかくやんちゃ盛りになります。

筆者の2歳になる息子も毎日大暴れで大変ですが、

友達の子も、女の子だけれど1歳の頃からかなりお転婆なんですよ。

ということで、お子さんが激しく遊んで壊れてしまっても良いように、

1歳児向けのおもちゃを手作りしてみるのもおすすめです。

では、家庭で簡単に作れるおすすめおもちゃを紹介しますね。

【ペットボトルマラカス】

空のペットボトルに大粒のビーズやボタンなどの

賑やかな音が出るものを入れ、蓋は外れないように

しっかりテープで巻いておくだけで完成!

シンプルなおもちゃなので0歳からラトル同様に遊んだり、

1歳を過ぎた頃からは今度は自分で演奏して遊んだり、

転がしてみたりと、長い期間を通して遊ぶことが出来ますよ。

モールやビニールテープなどをペットボトルの表面につけて、

顔や模様を作ってみるのもおすすめ。

あまり小さな部品を貼り付ける場合は

取れないように注意が必要ですが、

工夫次第で色々なアレンジが出来ますよ。

また中に入れるものの大きさや材質や量で

音の大きさも調整できます。

筆者が市の子育て教室に行った時に教えて貰ったのは、

ペットボトルに床屋さんのサインポールのように

斜めにテープを貼る方法です。

ペットボトルを転がすと模様が動いて見えて、

音と合わせて見た目でもお子さんの興味を引くことが出来ます!

【マグネットおもちゃ】

手先が器用になってくる1歳の頃は、

何かを貼ったり剥がしたりするのも

とっても上手になってきます!

そこで、マグネットを使ったおもちゃもおすすめなんです。

100均などで売っている薄いマグネットを買ってきて、

丸や三角形、四角、星型などに切っていきます。

あとはそれをホワイトボードなどに貼らせていけばOK!

シンプルだけれど、色合わせや形の見立て遊びなど

いろいろな遊び方で子供の想像力を養えるので、

かなりおすすめなんですよ。

筆者の息子はシール遊びが大好きなのですが、

よく壁やソファなど家中にシールが貼られているので、

夜中にせっせと剥がしています…

マグネットだったら何度も繰り返し遊べますので

とっても経済的に遊べますね!

【ボール落とし】

恐らく子供はみんなが大好きなボール遊びですが、

ダンボールで簡単なボール落としのおもちゃが作れますよ。

穴から入れたボールが下から出てくる様子に

お子さんが夢中になることまちがいなしです!

手先が器用になってくるとシール貼りなんかも

出来るようになるので、お子さんと一緒に

ダンボールを可愛くデコレーションするのも

楽しいかもしれません!

(シール貼りはここに!というシールOKゾーンにすれば

他の場所の被害が減るかも…)

作り方詳細はコチラ。

ダンボールで簡単に作れる♪子どもが大好きな「ボール落とし」 | あんふぁんWeb

まとめ

1歳児は

何かを掴んでみたり

(親のメガネとか)

いじってみたり、

(親の服のボタンとか)

引っ張ってみたり

(親の髪の毛とか)

といった遊びがとっても大好き。

そこで、積み木など想像力を育む知育おもちゃや、

音のなる興味を引くおもちゃなどで遊ばせてみましょう。

特に音のなるおもちゃは、

空のペットボトルにビーズを入れたものでもOKなので、

ぜひご家庭でも作ってお子さんと遊んでみてくださいね!