水筒のパッキンには寿命がある!そのまま放置すると危険!

エコのため、節約のため・・・と

毎日マイ水筒を持参している人って、結構いますよね?

最近は毎日水筒を持参している小学校も多いように思います。

そんな生活に密着した水筒。

みなさん、どれくらい同じものを使っているでしょうか?

最近の水筒はとっても性能が良いので、

多少のことでは壊れることがなく

何年も同じものを使っているという人も

多いのではないでしょうか?

しかし、水筒のパッキンを交換したことのある人って

一体どれくらいいるでしょうか…?

みなさん!水筒のパッキンって、消耗品なんですよ!

だいたい1年程度で交換することが推奨されています。

何年も使っているとパッキンが

劣化してしまって水漏れの心配も・・・!?

また汚れが蓄積されやすい部分でもありますので、

衛生的に使用するためにも定期的な交換が大切ですよ!

水筒のパッキンを交換するには?どこで売ってる?どうやって変える?

水筒のパッキンを交換するべきだということは

ご理解頂けたかと思いますが

「ところで、水筒のパッキンなんてどこに売ってるの?」

と思われませんでしたか?

実は、筆者もパッキンの交換を

しようと思ったは良いけれど、

売っていない!と探したものです。

(ちなみに筆者が交換した理由は

長年の使用による劣化ではなく、

誤ってパッキンに熱湯をかけて歪ませたからです。)

スーパーやホームセンターなどの

お店の水筒売り場を見ても、

なかなか水筒のパッキンが売られているのは

見たことがないですよね。

一番確実な方法は、水筒のメーカーサイトから直接購入することです。

まずはメーカーの公式直販サイトを確認してみましょう。

【スケーター】

パーツの交換、購入について – お客様サポート|お弁当箱,コップ,水筒等の企画・製造・販売 スケーター株式会社

【サーモス】

部品を探す - サーモスオンラインショップ

【タイガー】

交換用部品・消耗品のご購入|タイガー パーツショップ

【象印】

交換部品を探す | 象印でショッピング

交換部品の検索方法の詳細は各サイトにもありますが、

・水筒の型番を検索し、水筒のページから関連商品を探す

もしくは

・商品カテゴリの中から、水筒のパーツのページを探す

のどちらかの方法で対応するパッキンを探してくださいね。

大体、水筒のパッキンは

1個100~300円程度で購入することができます。

他にも500円前後で、飲み口(注ぎ口)の部分を

まるっと交換できる製品もありますので、

飲み口部分全体の劣化や汚れが気になる場合は

飲み口の部品をまるごと交換するのもおすすめです。

飲み口の部分って複雑な場合が多くて

どうしても洗いづらいので、

ここだけが劣化することもよくあると思います。

また水筒を買い換えると大体千円から数千円しますから、

数百円で機能が蘇るのであれば安いものです。

もし持っている水筒に対応するパッキンがどれなのか、

うまく検索できない場合は問い合わせフォームや

問い合わせダイヤルを利用して、直接問い合わせてみましょう。

水筒の型番がよくわからないという場合には、

底の部分をチェックしてくださいね!

底に貼ってるシールに型番が記載されている場合

水筒に直接型番が刻まれている場合があります。

シールが剥がれてしまっている、シールの文字がもう読めない…

そんな時は、同じメーカの容量(筒の直径)と

飲み口(注ぎ口)の形がほぼ同じ仕様のものであれば

パッキンも同じである可能性が高いので、

サイトから似たような商品を探してみましょう。

インターネット通販であれば、楽天やAmazonなどで

取り扱っている店舗があります。

メーカー直販サイトよりも安く手に入る場合もありますので、

パッキンの型番までわかれば一度楽天やAmazonでも

検索してみましょう。

商品価格が同じでもメール便対応などであれば送料が安くなりますよ!

実店舗で実物を確認したいようであれば、大きなホームセンターや、

ヨドバシカメラなどの大型の量販店で取り扱っている場合があります。

また取り扱っていない場合でも水筒を購入できるお店であれば

おそらくほとんどのお店で取り寄せてもらうことが可能です。

少し日数がかかることが多いですが、

そのかわり送料だったり振込手数料などはかかりません。

通販だと、一定金額以上を購入しないと

送料が発生することが多いですからね。

数百円の商品を買うのに

数百円の送料を払うのはもったいない!

水筒自体もきれいにキープ!臭い取りに効果的な方法は?

パッキンの交換により水筒の性能は

格段に長持ちさせることができます。

しかし複雑な部品の多い水筒はどうしても汚れが溜まりやすく、

長く使っていると茶渋の汚れや

臭いも気になってくると思います。

そこでこまめなお手入れで衛生的に使用するようにしましょう。

まずは日々の洗浄には、コップや水筒用に売っている

柄のついたスポンジ使いましょう!

普通の四角いスポンジではなかなか洗うのが難しい

底の部分も、しっかりと洗うようにしましょう。

また、スプレータイプの食器洗剤を使うのも

おすすめなのですが、臭いがきついこともありますので

飲み物を入れる水筒には無香料の商品を選ぶ方が無難です。

次に、週末や月数回など、定期的に行ったほうが

良いお手入れ方法も紹介します。

①水筒のお手入れ商品を使用する

水筒(ステンレスボトル)専用の洗浄商品が

各社から販売されていますので、

そのような専用製品を使えば使用方法も

しっかり明記されていますので安心です。

ただ、ちょっと割高な場合が多いかも…?

②重曹とクエン酸を使用する

専用製品を買わなくても、洗い物や掃除など幅広く

活用することの出来る重曹とクエン酸を使うのも

おすすめです。

最近は重曹やクエン酸を使ったお掃除術もたくさん

紹介されていますので、持っていると何かと便利です。

(100円ショップでも購入できます。)

水筒に重曹大さじ2と60度前後のお湯を8分目程度入れて

1時間程放置したあとに洗うと、汚れが落ちやすくなります。

または1リットル程度の熱湯の中に

クエン酸を大さじ1~2を溶かして、

水筒をその中に2時間程度浸け置きしてから洗うのも効果的です。

なによりも、注意するべきことは、

どの方法であっても、洗ったあとはしっかりと乾燥させること。

水分が少しでも残っているとそこから雑菌が繁殖してしまいます!

まとめ

毎日使う水筒、長く使うためには

メンテナンスが重要ということですね。

ぜひ年に1回を目安に、水筒のパッキンを交換して

機能性を保ちたいですね!

また正しくお手入れをして、毎日衛生的に使用したいですね。